育毛を成功させる秘訣

育毛を成功させる秘訣 ここをチェック

成功はカウンセリングできまる

育毛には頭皮の状態や抜け毛だけを調べてもダメ。

薄毛は本人の体質や生活環境、気・血・水のバランスが大きく影響しています。これらの要素をチェックし改善する育毛法が必要になります。

たとえばコンピュータ関連の仕事をしている人は、イスに長時間座っているため気・血・水のバランスを主とした育毛手当が必要です。ただ、皮脂を取り育毛剤をつける手当だけでは改善率は低い。

近頃の薄毛は気・血・水のバランスが乱れることで、おこっている薄毛・細毛が多くなりました。毛髪にいい栄養的なサプリメントを摂るのでなく、体の基本となる気・血・水のバランス調整のためのサプリメントや手当がひつようなのです。


頭皮は個人差が大きい

薄毛、脱毛の改善は「目に見える部位」を必死になって手当をしてもダメ。

頭骨の大きさ、顎骨との関連、姿勢、頸骨・背骨、目の疲労度、派の状態、頭皮の緊張状態、弾力などが大きく影響しています。

したがって状態によりマッサージする部位や力加減、もむ・押す・たたく・さするなどマッサージの方法が違ってくるのです。

また炎症(急性か慢性か)の度合い、むくみ、うっ血、角化などいまある症状を育毛手当の前に改善するのか、平行して改善できるのかなどを見極める経験と知識も必要になります。

この見極めができないためプロでも悪化させているケースが多い。


毛の生え方と抜け毛の状態

抜け毛が多いと心配ですが、抜け毛が少ないほうが心配なケースが多くなりました。

どのような毛が抜けているかの割合、何年の寿命を持っている毛かの見極め、毛穴の萎縮度、毛根の比率、細胞分裂の状態などを判別しないと的確な手当は組み立てられません。

育毛手当をしていても成果が出ない人や、これから育毛する人は、まず抜け毛の精密チェックをしてから手当を組み立てる方が改善率は高く、的確な手当が組み立てられます。


手当をする施術者の意識と経験で差が出る

専門家がシャンプーしても「ただマニュアルどおりにシャンプーする」のと「薄毛の状態や体質を理解してシャンプーする」のでは改善率や改善期間に大きな違いがでます。

薄毛の原因は1つや2つでなく、最低でも6つ以上が複雑に絡み合って発症し進行しています。手当法もシャンプーや育毛剤の使い方や使う量なども症状に合わせないと改善できません。

よく成分的な内容を質問する人がいらっしゃいます。しかし、薬剤の効果ばかりに頼る手当法は改善率が低いのです。経験豊かな専門家に「じぶんの体質や症状、進行度や生活環境に合わせた手当」を組み立ててもらいましょう。使い方などを詳しくアドバイスしてくれる専門家を味方につけましょう。


↑ PAGE TOP