薄毛の原因 もくじ

薄毛の原因 もくじ

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳しいページに行きます。

シャンプー

・薄毛の原因はシャンプー

ほとんどの人が習慣的に毎日シャンプーしています。プラス面は髪や頭皮を清潔に保つ、リラックス効果など。しかしマイナス面として髪や頭皮のバリア機能を洗い落とすため、シャンプーの刺激を強く受けます。その結果シャンプーが毛穴の内部まで浸透して細胞分裂や育毛組織にダメージを与えます。

・間違いだらけのシャンプー選び

オーガニックシャンプー、アミノ酸系、天然もの、スカルプ用など様々なシャンプーが販売されています。しかし、オーガニックだからと言って、頭皮が回復したり、薄毛が改善するワケではありません。また、オーガニックとうたっているものでも、有効成分の配合量が少なかったり、低質なものが使われている場合があるので気をつけましょう。

・薄毛にならないシャンプー法

女性は髪が長くリンスやトリートメントを使い、カラーやパーマをしているので薄毛になる原因が多い。そこで当店ではお客様全員に育毛シャンプーを使い、薄毛にならないシャンプー法をアドバイスしています。

・シャンプーで損をする

20才の女性が平均年齢までの65年間に使うシャンプーの消費金額は平均150万円。そのうえにリンス、トリートメント、コンディショナー、スタイリング剤を使うので、ヘアケアの合計では270万円も消費しています。これを安くする方法は育毛シャンプー。

・ダメージヘアの原因はシャンプー

20代から50代にわたり広い年代層で「髪がパサつく」という女性が増えています。いいシャンプーやトリートメントを使っている人でも、なぜ髪かパサつき、ダメージがひどくなっていくのでしょうか。の原因は、いま使っているシャンプーにあります。


カラー、パーマ

・カラー、パーマがあぶない

カラーリングしてきれいな髪に染まるのはいいのですが、毛穴の中まで染まります。それが何週間も残留している危険性を知って欲しい。カラー時にしみたり頭皮に痛みを覚える人は多い。これは薬液が皮下に浸透しているからです。

・カラーで薄毛・細毛は進行

地肌が見えるくらい薄毛が進行すると、黒い髪では地肌が目立つため、カラーする人が多い。またカラーの薬液がしみたり痛みを訴える人も多い。25~40分も薬液を塗布したまま放置することで、右の写真のように頭皮が炎症を起こすことが多い。また、薬液が毛穴から浸透して毛穴の内部を攻撃します。

・カラーと薄毛の関連性

35%の女性とは薄毛の兆候が出ている女性、すでに薄毛が進行している女性の割合です。女性の5人に1人は薄毛というデータもあり、カラーすることで頭皮の育毛環境が悪化するからです。薄毛の人はカラーをしない方がよいのですが、薄毛をカバーするためカラーがしたいという人が多く、その要望にお応えし育毛カラーを開発しました。


うつから来る薄毛

・急増!「うつ傾向の薄毛相談」

薄毛で深く悩んだり、うつ傾向にある薄毛は「薄毛だけの問題」ではないのです。ただ薄毛の手当をする対症手当ではなく、カウンセリングより原因を改善する「根本手当」をしなければ進行させたりこじらせたりしてますます悩みが深くなります。

・自律神経系、うつ傾向の薄毛

薄毛で深く悩んだり、うつ傾向にある薄毛は「薄毛だけの問題」ではないのです。ただ薄毛の手当をする対症手当ではなく、カウンセリングより原因を改善する「根本手当」をしなければ進行させたりこじらせたりしてますます悩みが深くなります。

・薄毛、ED、うつ、自律神経

薄毛で深く悩んだり、うつ傾向にある薄毛は「薄毛だけの問題」ではないのです。ただ薄毛の手当をする対症手当ではなく、カウンセリングより原因を改善する「根本手当」をしなければ進行させたりこじらせたりしてますます悩みが深くなります。

・薄毛は「煩、炎、燥」

燃え尽き症候群の人が増えています。体はその異変を改善するため末端の髪を育てる余裕がなくなり、炎の熱で毛は抜けやすく、毛根はやせて細くなり、薄毛は進行していくのです。


その他

・薄毛の原因は理・美容室にもあり

燃え尽き症候群の人が増えています。体はその異変を改善するため末端の髪を育てる余裕がなくなり、炎の熱で毛は抜けやすく、毛根はやせて細くなり、薄毛は進行していくのです。

・女性に多い低体温の薄毛

地肌が見えるくらい薄毛が進行すると、黒い髪では地肌が目立つため、カラーする人が多い。またカラーの薬液がしみたり痛みを訴える人も多い。25~40分も薬液を塗布したまま放置することで、右の写真のように頭皮が炎症を起こすことが多い。また、薬液が毛穴から浸透して毛穴の内部を攻撃します。

↑ PAGE TOP