燃え尽き症候群の薄毛

薄毛は「煩、炎、燥」、火が燃えている心、燃え尽きた心

薄毛はストレス社会の象徴

「燃え尽き症候群 」の人が増えています。
また「顔は笑って心で怒っている人」も増えています。

思い煩う、怒りの炎状態、怒りの熱で肌や心まで乾いている状態、そして燃やし続け、燃え尽きて「空っぽの心」になってしまう人が増えているのです。

この心につられて体にも異変が起こり、自律神経系が乱れたり、うつ傾向におちいる人、生活そのものが崩れてしまう人が増えているのです。

体はその異変を改善するため「末端の髪を育てる余裕がなくなり」、炎の熱で毛は抜けやすく、毛根はやせて細くなり、薄毛は進行していくのです。


通常の育毛手当ではよくならない

体の中に炎が燃えている、または燃え尽きて空っぽになっているのに、薄毛だけを治そうとしても通常の手当ではよくなりません。

つまり心と体の火事を消す、空っぽなった心と無気力な体の元気を取り戻す手当を育毛手当に加えなければ、薄毛は解決できません。

とくに脳は全カロリーの20%近くもひつような臓器。なので、ストレスが加わり気が発散しない状態では「頭皮の育毛環境は悪化している」状態となります。
この状態を解決する手当が必要なのです。

そのため「ただシャンプーする」とか「育毛剤をつける」手当では、気の問題が解決できません。その結果、「使っても効かない」ということになるのです。


家庭での育毛ケアを指導

気を動かす、血を動かす、水を動かす。
つまり気・血・水のバランスを整えて「育毛手当を有効にする」ための注意事項と、その手当を加えた「総合的な育毛手当」を指導しており、これを家庭でもやって頂いております。

たとえば「マッサージすればいい」のではなく、「なんの目的で、どこをどのようにマッサージしなければならないか」を理解してマッサージするのでなければ効果は半減します。

シャンプーにしても同じで「シャンプーして汚れを取る、皮脂を取るシャンプーをしていれば、女性の薄毛のほとんどは「マイナス効果」が出てきます。

だから「本人の体質、症状、精神状態、性質、生活環境、仕事」までを考えた手当法を組み立てることが必要なのです。


「手当法や注意事項、コメント」を添えてある商品を購入すること

何回もしつこく書きますが、「薄毛を治すためには、ただ商品を使うだけ」では治らないのです。

商品の購入時には、かならず使う人の「体質、症状、精神状態、性質、生活環境、仕事」までを考慮した手当法を組み立てる必要があります。その人に適した使い方などをアドバイスしなければ効果は得られないことが多い。

商品を購入して手当をするなら「カウンセラーから商品を購入する」ことが基本です。商品を購入するたびにカウンセラーに症状を説明し、カウンセラーは状態に適した使い方に微調整する、アドバイスを加えることで改善率も上がり早くよくなります。

ネットで安く商品を購入することの利益よりも、カウンセラーからコメントやアドバイスを添えた商品を購入するほうが、結果的には安くつくことになります。


↑ PAGE TOP