カラー、パーマも薄毛の要因の1つ

カラー、パーマの危険性を追求  薄毛・細毛の原因に

薬液が毛穴の奥に残留

カラーリングしてきれいな髪に染まるのはいいのですが、毛穴の中まで染まります。

それが何週間も残留している危険性を知って欲しい。(写真右)

カラー時にしみたり頭皮に痛みを覚える人は多い。
これは薬液が皮下に浸透しているからです。

これを繰り返すことで、頭皮は弱り、毛は細くなり、やがては薄くなっていきます。

右の写真は、カラー処理して3週間後の頭皮。
角質層の下や毛穴の周囲が薬液で染まり、毎日シャンプーしても落ちていません。


薄毛・細毛の頭皮が危ない

弱りおとろえた頭皮やアレルギー体質の頭皮は防御力が低下しています。そのため、カラーやパーマの薬液の影響を大きく受け、ますます薄毛の進行は早くなります。

とくに薬液で「しみる、痛みがある、違和感がある」方は要注意。

細胞分裂が少なくなり毛根はやせ、内根鞘皮が角化して抜けやすくなり、寿命も短くなっていきます。もちろん髪が健常者より傷みやすく、カラーのダメージは大きい。


頭皮回復カラーを

 

当方では「カラーで薄毛・細毛にならない」頭皮回復カラー法を開発し、喜ばれています。

頭皮の防御力を高めて薬液を頭皮に浸透させない施術を行います。

そのため、しみたり痛みのある方にも安心して頂けます。


アフターケアで頭皮回復

カラーした後の薬液を毛髪活勢水で除去。

写真右と写真上の頭皮を比較すると違いははっきりわかります。

近頃は、ヘナによる面倒でぼんやりした発色の染毛から、頭皮回復カラーに転向する人も多くなった。


ちょっとこわい話 カラーした頭皮にはしらみは住まない

子供に移ったしらみは「カラーしているお母さんには感染しない」。
これは喜ぶべきなのでしょうか。

しかし、次のように考えて欲しい。

「カラーはしらみも住まないくらいの悪いエコ環境」なのです。
カラーすることで「生き物に悪い環境」の頭皮になり、
その環境が薄毛・細毛の原因になっているということなのです。

カラーでシラミも逃げ出すような頭皮になっているのです。
恐いですね。


↑ PAGE TOP