夏に進行する薄毛の予防

夏に進行する薄毛の予防

夏は気温と冷房の温度差、湿度、汗、寝不足、水分の取りすぎ、海水浴、紫外線など「頭皮の育毛環境」が極端に悪化する季節でもあります。

この結果「頭皮がのぼせ状態」になり、頭皮が弱り、そのしわ寄せが秋になってからの抜け毛といわれる状態になります。

また髪も紫外線による変質や冷房による乾燥など、傷む季節でもあります。

秋になって抜け毛が多くなってからあわてて手当をするより、夏にしっかり予防しておきましょう。

夏に頭皮や髪を悪化させないため、育毛環境を整えるために下記の頭皮ケアを実行して頂きたい。


頭皮が赤い、汗をかきやすい、頭皮が熱い、のぼせ

上記のような状態の頭皮は、育毛剤を使っても効きにくい。シャンプーなどのダメージを強く受け、血管は浮腫状態とか弱っていることが多い。毛穴の内部は「荒れ肌状態」になり、固着力が低下して毛は抜けやすくなってきます。

だから、炎症やうっ血を抑えて、頭寒状態にしてやる必要があるのです。

このような場合は「頭皮ロカイ」ローションを使います。

ロカイの気味は「苦寒」つまり浮腫傾向にある血管を引き締めて、頭皮を涼しくする「プレイ育毛剤」なのです。

シャンプーの前後に使うことで、頭皮の育毛環境が守られます。


頭皮の育毛環境と髪のダメージを補修する


スカルプケアリンス
250ml 2,800円(税抜)
※現在はスプレー式です。

薄毛に「リンスやトリートメント」は禁止したほうがいいことは、多くの人が知っています。

しかし薄毛でも「髪が細い」「髪が長くて傷みやすい」「クシ通りが悪い」などで「どうしてもリンスかトリートメントを使いたい」という人がたくさんいらっしゃいます。

そこで開発したのが「頭皮の育毛環境を高め、育毛効果&ダメージヘア補修効果」が期待できる「スカルプケアリンス」。

頭皮の炎症やうっ血を改善し、育毛効果だけでなくダメージヘア修復効果もある2wayタイプのです。

薄毛の人だけでなく、薄毛や抜け毛の予防、細毛の人に使って頂いております。


↑ PAGE TOP