薄毛を進行させない育毛カラー

薄毛に朗報 育毛カラー こんなにちがう

育毛カラー 処理前 (通常のカラーで薄毛になった例)

髪にカラーをするのはカンタンです。
しかし、その代償としてどれだけ頭皮にダメージがあるかを考えてほしい。

女性の薄毛が急増しているのは、シャンプーのマチガイとカラーやパーマが原因といわれているくらいです。

 

「髪や頭皮を傷めない」といわれているカラーでも、実際にはカラー液が頭皮の中深くまで浸透しています。
だから薄毛・細毛が気になる方は、極力カラーしない方がいいと言われてきました。

育毛カラー 処理後(育毛カラーで回復傾向にある)

そこで研究開発されたのが「育毛カラー」の技術。

特殊な育毛施術+カラー処理+育毛トリートメントで、見違えるような髪になるだけではなく、
育毛効果も期待できます。

 

だから今までのように「薄毛はカラーしない方がいい」という禁止事項が1つ減ることになります。

いままでカラー液がしみるのをがまんしてきた人がおられました。育毛カラーを経験したところ、まったくしみないし、気持ちがいいくらい頭皮が楽になると言われました。


これで不安なくカラーできる (理・美容師とプロジェクトを組み研究・開発)

女性のほとんどがカラーしており、ますますカラー人口が増えています。
しかしそれにともない薄毛人口も増えてきています。

薄毛や地肌が見えるのをカバーするために、悪いのを承知でカラー している人も多く、悪循環になっています。

また育毛では「なるべくカラーしないように」という苦しい禁止事項でしたが、 この育毛カラーが完成してから、「カラーできますよ」と言えるようになりました。


薄毛には育毛パーマも (育毛パーマを研究・開発)

特殊な方法で頭皮にダメージを与えない「育毛パーマ」も実施しております。
パーマによる薄毛は抜け毛、頭皮のダメージをなくすことに成功しました。

これにより、いままでよりカラーやパーマの間隔などをあまり気にしなくてもよく、オシャレを楽しむことができます。

また育毛カラーや育毛パーマは、薄毛のボリュームアップや頭皮の育毛環境をよくする意味でもおすすめできるようになりました。


↑ PAGE TOP