進化した育毛シャンプー

育毛のシャンプーがさらに進化

最新の皮膚科学に準拠した育毛のシャンプー ノンシリコンタイプ

レストルエコシャンプー

ノンシリコンタイプ
エコシャンプーN
210ml 6,000円(税抜)

薄毛の改善についてシャンプーは重要です。
市場にはたくさんのシャンプーが氾濫しています。
しかし、最近「相対刺激」のいいシャンプーを求める声が高まってきています。 

「相対刺激」とは「弱り防御力が低下している頭皮に対する刺激度」のことです。健康な頭皮には刺激が低くても、頭皮が弱り防御力が低下するほど「刺激が強くなる」ことを示します。

つまり、刺激の弱いシャンプーと表現されていても「弱って刺激を強く感じる頭皮」の場合に刺激が強くなるシャンプーでは薄毛の頭皮には向かないことになるのです。 

薄毛を研究し育毛のシャンプーを開発して40年の歴史を持つレストルでは「最新の皮膚科学に準拠した育毛のシャンプー」相対刺激のきわめて低い育毛向けのシャンプーを開発し、専門家から高い評価を得ています。


なぜノンシリコンなのか 薄毛の髪質とノンシリコンの関連性

キューティクル

シリコンに関しては「都市伝説的」な情報が氾濫しています。
「なぜシリコンが悪いのか」なぜシャンプーにシリコンを入れない方がいいのかをきちんと説明できていません。
専門家でも説明できる人は少ない。

シリコンの種類は無数といっていいくらいあります。
それらが全部悪いのではありません。

ホントにシリコンが悪いなら「メイク商品」のほとんどは使っては悪いことになります。
なぜならメイク商品のシリコンの配合量はシャンプーの比ではなく10倍以上も配合されている例もあるのです。

もし、化粧品やメイク商品にシリコンが配合されていなかったら、滑り感や均一に伸びることもなくなります。そうなると、女性はメイクに困るはず。

だから「ノンシリコンでなければダメ」といった都市伝説的な選択は早計です。どのようなシリコンを使い、どのような処方構成なのかがたいせつなのです。


レストルのノンシリコン育毛シャンプー 育毛と美髪

キューティクル

元から髪に残留して落ちないシリコンはほとんどのメーカーは使用していません。

ほとんどのシャンプーは「汚れを落とす」ことが主な目的として開発されています。しかし、このシャンプーを薄毛に使うと頭皮だけでなく髪の防御力も低下していきます。その結果、髪質は悪化し、頭皮の育毛環境も悪化していきます。

レストルでは「ただ植物系とかアミノ酸系のやさしいシャンプー」ではなく、薄毛の防御力が低下している頭皮や髪の育毛環境をよくしていくシャンプーをノンシリコンで開発しました。

レストルHiのエコシャンプーNは、それをさらに進化させて、「育毛」と「美髪」の両方に配慮したノンシリコンシャンプーを開発し、専門家からも高い評価を得ています。


さらに効果を上げるために

どんな商品でも「ただ使って」効果が得られるということはありません。 

使い方により「効果は大きく違う」し、使い方によってはマイナスとなることもあり得ます。なので、レストル商品を使うかたには、かならず「その人の症状に適した使い方」をアドバイスして販売しております。そして、薄毛の改善のために必要な注意事項などもお渡ししております。

シャンプー施術

たとえばレストルではシャンプーの種類が8種類もあり、頭皮の状態、現れている症状、進行度、体質、生活環境などにより使い分けして頂き、成果を上げています。 

たとえば、「男性と女性、若い人と年配、皮脂の分泌度、薄毛の進行度、髪の長さ、太さ、髪質、損傷度、職業」など、つまり「使う人の条件により選ぶシャンプーや使い方」を厳密に分けて使う方がより効果的なのです。


ほとんどの薄毛は家庭でじゅうぶん改善できる

女性の薄毛

ほとんどの人が「手遅れ状態にならない」うちからケアを始めています。 

薄毛の改善は難しいという声をよく聞きますが、治せないのは「自分に適した手当法」と「使う商品選び」と「使い方」が具体的にわからないまま「効果的な商品を使えば治せる」と錯覚しているから治らないのです。 

いま育毛手当てをしていても、なかなか効果が見られないかた、これから育毛されるかたは、40年の実績を持つレストルのカウンセラーおよびセラピストとともに「改善率の高い家庭の育毛」を始めませんか。 

「家庭で治す育毛」についての詳しい情報を発信しています。


↑ PAGE TOP