育毛カットで育毛環境を整える

育毛カット 育毛環境をよくするカット

ヘアスタイルが薄毛・細毛の要因に

右の写真のような症状はよく見かけます。これは「ヘアスタイルによる育毛環境の悪化」が薄毛の要因にもなっているのです。

頭皮の育毛環境が悪化するようなカット法やヘアスタイルが、毛を弱らせ細くしていき、毛の寿命も短くしています。

薄毛・細毛が心配な人は、「頭皮の育毛環境をよくする」ヘアスタイルやカット法をするほうが毛は回復します。


ヘアスタイルはそのままで育毛環境をよくするカットを

いまのヘアスタイルや髪の長さなどをそのままにして、しかも頭皮の育毛環境をよくして「毛が伸びる力を活性化する」カットをしています。

シャンプーや育毛剤だけに頼る育毛手当よりも、毛が細くなる原因を総合的にとらえて、悪化している頭皮の育毛環境を全体的によくしていくことで改善率は上がっていきます。

体質、気・血・水のバランス、髪の量、長さ、損傷の原因、ストレス度などを総合的にチェックして、「育毛カット」をしています。


まちがっているヘアスタイル 男性

男女とも、写真左のように薄い部位があると「毛を伸ばして隠そうとする、ボリュームを増やそうとする」意識が働きます。これが頭皮の育毛環境を悪化させています。

この状態では、気・血・水の流れは滞りがちです。育毛手当を続けても良化の速度は遅く、効果が現れにくい。

手当をしても効果が出にくかったのに、当店で適切なカットをしたところ、それからはすんなりと効果が出てくるようになりました。


まちがっているヘアスタイル 女性

写真左のように「分け目が広がり、毛が弱ってウェーブが強くなる」女性が増えています。

「男性化した薄毛」とか「皮脂を取る手当」をすすめられて悪化させることが多く、問題になっています。

このような症状を改善するには「仕事、気・血・水のバランス、ストレスによる影響や緊張度、カラーやパーマの状態、使っているヘアケア剤」などを総合的に考えていかないと治りにくいのです。

薄毛を早く改善したいなら、育毛手当だけでなく、育毛環境をよくして毛が伸びる力を強める育毛カットなどをオススメします。また、カラーやパーマをされる場合も「頭皮回復カラーやパーマ」をして、全体の環境をよくすることをおすすめします。


↑ PAGE TOP