血管が弱っていて育毛剤が効かない

血管が弱っている(育毛剤が効かない)

血管(道路)が悪いと物資(栄養・酸素)は届かない

薄毛・細毛になると育毛剤で血流の促進を図りますが、道路(血管)が悪いと毛母細胞まで材料や栄養分は届きません。

炎症

したがって細胞分裂は低下し、細く寿命の短い毛しか育たなくなります。なので、粗末で傷みやすい毛しかつくられなくなります。

血液に関しては「血管の強化」と「血の質をよくする」こと、「血流の量を増やす」の3つが必要です。

育毛剤は残念なことに「血流を増やす」ことが主なので、弱っている血管の頭皮には「効かない」ということになります。


古血、汚血が増えている

ドロドロ血、べたべた血だと末端まで流れにくく、血管を痛めてしまいます。
このような状態は育毛には悪い環境といえます。

炎症

しかし育毛剤など外からの手当では限界があります。

このような場合は「きれいな血にする浄血」と「血の力を増す」サラサラした血にするためのサプリメントを用いなければ改善しにくく症状が長引きます。

炎症のある場合の頭皮マッサージは、首筋から肩にかけて、それに足から全身の血を動かすようにマッサージします。


頭皮がむくんでいる。 老廃物がたまっている。

体の健康は気・血・水のバランスで成り立っており、このバランスが崩れると、いろいろな症状が現れ、やがては病気になります。

炎症

栄養を運ぶ血液(動脈)の流ればかりをケア対象にする傾向にありますが、老廃物を処理する静脈やリンパの働きもよくしないと老廃物の処理がなされません。そのため、育毛環境は悪化して薄毛・細毛が治らず、進行していくのです。

軽度の場合は頭皮マッサージで改善できます。
しかし慢性的な状態ならサプリメントが必要になります。

毛に効果があるといわれているサプリメントよりも、体の気・血・水のバランスを整えるサプリメントのほうが効果的なのです。


↑ PAGE TOP